潮干狩り 熊手で無心に掘っていたら心のとげとげが取れました

バケツを置いて砂浜で遊ぶこども やってみたこと

久しぶりの潮干狩り

心の中にいろんな変化がありました

今日はそんなお話

潮干狩りって楽しいのか?

最近心にとげとげが刺さっています

山にこもりたくなったりするし、とにかく一人時間が欲しくなる

そんな日常に潮干狩りの予定が入りました

子どもの要望があったので行くことに決めたのですが、なにせこんな心の状況なので

気持ちとしては行っても行かなくてもいいやって感じ

前日に潮干狩りのことを思い出した時のつぶやきがこちら

伝わります?

まず、「行くんだった」ってねぇ

半分忘れていたんです

いや、覚えていたんですけど、記憶から消していた感じというのかな

とにかくつぶやく内容から乗り気ではないことが伝わってくる

そんな心の中

寝付く前はつぎの朝の準備のことや、行くまでの道中のこと、いろいろかんがえたし

憂鬱さが心のどこかにずっとありました

そして、当日の朝

こんな風に表現しています

気分は本当に良かった

天気に左右されすぎですけど、梅雨の晴れ間がとっても気持ちよかった

でもね、やっぱり表現に表れるんです

「ねじ込まれた」って書いてる

自分では気づいていなかったんですけど、フォロワーさんに指摘されました

指摘されて気付く自分の気持ちってどうなの?と思いながら妙に納得

「あ、私そういう気持ちなんだ」ってね

いざ本番です

準備もすみ、いざ出発

道中はそれほどテンションが上がることもなく(予想通りですが)運転は夫に任せ、私は外を見たり子どもとおしゃべりをする

子どものテンションは高く、合わせるのがなかなか大変でした


そんなこんなで海につきいよいよ潮干狩り本番

最初は動き回るヤドカリやカニなんかのほうが気になって、子どもたちと集めたりしてました

こういった事は楽しめる能力があるのです、はい

要するに、子どもの心を持つってあれですね(自分で言うよ)

そして「狩り」のポイントに着き掘り出しました

掘る、掘る、ただひたすら掘る…

時々貝が出てきてもそれほどうれしいわけでもなく(そりゃ少しはうれしいけど)

自分の周りを掘りつくしては移動して、また、掘る

これの繰り返し

そんなに乗り気でなかった私が黙々と掘る

やめることなく、掘る

子どもたちに話しかけられても耳に入らなくなるほどに、掘る

子どもが飽きてきて「もう帰ろうよ」と言ってきてもまだ掘る

不思議なもので、掘って掘って、また掘っているうちに頭の中がすっきりしていたのです

更に、心のとげとげはなくなっていました

帰る頃にはとても気分がよく、帰りの車中では眠る、眠る、眠る…

こうして私の潮干狩りは終わりました

結論:私にとっての癒し行為になっていた!

この日の夜のつぶやきを見てください

どうです?この変化!

自分でもびっくりしました

「国民の義務」とか、もうねぇ、めちゃくちゃ言ってます

でもこれが、この時の素直な気持ち

それくらい救われた

まさかの潮干狩りに救われた

貴重な体験をしました

みなさんも、心のとげとげを取るために、潮干狩りに行ってみてはいかがですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました